イデヤっ子通信

イデヤっ子2016年8月号  技術の向上・・・小さな樹脂のタンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

製 作   ~技術の向上・・・小さな樹脂のタンクタンク

弊社では通常、部品を外部の業者さんにお願いしています。
扱う設備がめっき装置であることから、大半の部品は
SUSもしくは樹脂です。
部品は引き続き、業者さんにお願いするとしても、出張工事等で樹脂(エンビ)の溶接は必要であり、社内技術向上を目的に、小さなタンクを造ってみました。
このようにして、引き続き、社内技術向上に切磋琢磨したいと思います。

編集者のひとり言  “べっぴんさん”を目指して!?

坂野さん

一番左が坂野さん

戦後の神戸で産声を上げた子供服のファミリア。
この創業者の一人 坂野惇子さんの事を扱う
テレビ番組が、今秋から某局で始まるらしい。
ドラマの名前は「べっぴんさん」。
この「べっぴん」と言う言葉は、正に別嬪、
すなわち容姿の美しい女性のことを意味しますが、
元々は「普通の品物とは違う特別な品」という意味の
「別品」が語源らしいです。
我々イデヤも常にこの「別品」を非力ながら目指しており、
その為には、まだまだ知恵と汗が必要です。
それでも、先日、某お客様にひとつのアイデアと実験結果を提案しましたら、
更に二つの新たな課題を頂きました。
考え、やってみた弊社を評価頂いたようです。ありがたい事です。
・・・さて、この文章をまとめたら、ボチボチ帰宅するとします。家には別嬪さんではなく、
別品さんが待ってますから・・

現代音楽の豆知識   社員Mさんの投稿 1回目(3回シリーズ)リオのカーニバル
~今月より3回。特に黒人系音楽に詳しい社員のMさんから、投稿を頂きました。
リオ(ブラジル)オリンピックがいよいよ始まりました。
今回も、どのようなドラマが生まれるか、楽しみですね。
ところで、リオと言えば・・・カーニバル!
そうです、サンバのリズムです。
このサンバも、ラジオやテレビから流れるポピュラー音楽も、全てルーツは同じ!と言うと、少々、驚かれるでしょうか?
実は、これら現代音楽のほとんどが1450年頃から約400年続いた奴隷貿易にルーツがあります。
言うまでもなく、コロンブスの新大陸発見以降、欧州列強国におけるアメリカ大陸争奪戦が始まりました。
そして、各国が新大陸で大型農業による利益を確保する為、安い労働者を活用するため、
西アフリカで大量の黒人を捕らえ、大西洋を渡り、現カリブ海周辺の島々にアフリカ人を送り込みました。
そして、奴隷として送られたアフリカ人達のリズムは、元々、欧州人達が持っていた音階音楽と融合し、各島々で様々な音楽ジャンルを生み出していきます。
このように、世界史に残る悪行のひとつである奴隷貿易が、現社会の大きな娯楽のひとつである音楽の根源になっていると言う事です。
・・・何とも複雑な気持ちになり、有頂天でカラオケを歌えなくなる私は、
少々、堅物でしょうか?
(次回へ続く)

名刺

 

関連記事