イデヤっ子通信

イデヤっ子2017年7月号 ~ショールームとオープンラボに向けて~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実験・試作 ~ショールームとオープンラボに向けて~展示場1段
現在、弊社ではショールームとオープンラボの準備を
進めています。
ショールームでは弊社の装置や関連するパネルを並べ、
来社頂きましたお客様へ、より具体的な情報を提供するためです。
オープンラボは希望された方が、
弊社の実験室を活用し、自由に実験できるシステムです。
以前より弊社内ではいろいろな実験を実施していましたが、
その発想を広げ、より開かれた場にします。
まだ準備中ですが、現段階でめっき実験等のご相談がありましたら、是非、ご連絡下さい。
(なお、各お客様の機密情報には引き続き、細心の注意を払います。)

知恵の倉庫 ~ 知恵で困難を乗り越える その3 “人の募集と採用”~
最近は各企業で“人手不足の時代”と言われていますが、弊社は昔からずっと人手不足です。
京都と言えども、弊社のある場所は、南の果ての片田舎です。
過去、毎年のように高校や大学の就職支援の先生を訪ねましたが、一向に採用が進みませんでした。
そこで考えたのが、「落ちこぼれを採用する事」です。
・大学を中退し、ブラブラしている人物を捕まえる。
・フラフラしている人物のフラフラしている友人も呼び込む。
結果、絶対とは言えませんが、学業と仕事の能力は一致しないもので、中には光る石もあるものです。
一例ですが、塗装作業者として入社したAさんは、機械を組み立てるようになり、次に電気のハードとソフトの両方を見るようになりました。
そして最後にはめっきプロセスも熟知するようになり、弊社のトップ技術者にまで上り詰めました。このAさん。現在、弊社のトップを務めています。
関東圏で宅配弁当を扱う「玉子屋」さん。少しニュアンスは違いますが、元札付きの不良を採用されている事で有名ですね!ご興味のある方は
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2010/0111/

高齢を生きる ~家の中に家内と二人(笑)・・・元取締役 梶川浩八
弊社の創業メンバーである梶川氏、先月に続き「退職後の人生」をテーマにお話を伺いました。梶川さん2話

「家族構成は家内と娘が4人。ありがたくも、娘4人はみんな嫁いでいったなので、家の中では家内と二人きりだ。
それを家内が煙たがっているかどうかは、わからない(笑)。そんな生活において、
私の“コツ”は『家内の言う事を聞く』事だ。と言うのが、今でも家内に頭が上がらない思いがある。
それは創業当初の事だ。会社を創業して10年間、まともな給料を家に入れた覚えが無い。

その間、子供が次々とでき、さぞかし家計は火の車だったと思う。いずれにしても、定年後は肩肘張らず、家内の指示に従うのが、家庭円満のコツだと思っている。」
インタビューの最後、仕事人「梶川」について振り返り思うことがあるか、聞いてみたところ
「特には無いが、総じて良い職業人生だったと思う。自慢できるかわからないが、自負はしている。」
死期を前にしたスティーブジョブズが自分の人生のアンバランスを嘆いたのは有名な話だが、
梶川氏の表情には一点の曇りも無い。ジョブズと梶川氏、どちらが幸せなのか・・・

住所

 

 

 

関連記事