イデヤっ子通信

イデヤっ子通信2014年10月 関西機械要素技術展に出展参加しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/10  Vol.:67

展示会報告  ~ 関西 機械 要素 技術展に出展参加しました ~
9月24日から3日間、インテックス大阪で開催されました “関西 機械要素技術展”に出展
参加しました。
今回は下の写真のとおり、パネルをメインに出展し、実機の展示は 「ユニット型めっき槽」である“GZYシリーズ”のみでした。
多種多様なお問合せを頂きましたが、各展示品とそれらに対するお問合せ数は、以下の通りです。
2014-10-3
この数字にも出ていますが、「自分達でちょこっとめっきしたい」と言うお声がから、GZYへのご質問を多数頂きました。ユニット型の槽を並べて、手作業で少量のめっきができれば、と言うご発想のようでした。 また、例年とは違い、中小企業の役員クラスの方が大勢いらっしゃいました。 そう言った方々から聞こえてきた声は次のようなものでした。 ・多品種少量生産が加速している ・一部の製品で短納期品がある ・海外進出を進めるが、良いめっき業者が居ない ・開発に注力したい いずれにしても、日本のモノづくりが変化してきている中、経営者自らが足を運び、「見て、聞いて、感じてようとしてらっしゃる」ように思います。 このような変化を、当社はチャンスと見ていますし、また、チャンスにしなければならないと思います。
2014-10-1

今月の小話      ~生き心地の良い町~
先日の朝礼で、社員のKさんが新聞記事を紹介してくれました。
その記事は著書「生き心地の良い町」 ~岡 壇 を取り上げた記事でした。 著書は徳島県南部にある自殺率の低い町において、町民たちのユニークな人生観と処世術を扱ったものです。
「病(やまい)、市(いち)に出せ」
この町に昔からある言葉です。 トラブルや事業不振を含めて、他人への迷惑を気にせず、やせ我慢はやめ、早めに弱音を吐けと言う意味だそうです。
企業におけるメンタルヘルスが常になった現在ですが、更なるヒントになればと思います。

 

 

関連記事