沿革
1970(昭和45)年 イデヤ設計事務所を創業
1971(昭和46)年 法人組織とする
1977(昭和52)年 設計事務所から自動機メーカーへと移行
半導体業界に向けハンダディップ機を発売する
1981(昭和56)年 業務拡大に伴い現在地(京都府木津川市)に移転
海外への販売を開始
U.S.Aに代理店を開設する
1984(昭和59)年 資本金を2,400万円に増資
1988(昭和63)年 従来のロータリー型ハンダディップ機に加え、直線型のプレス、ディップ、 洗浄、一体型を発売する
1989(平成元)年 排水処理(循環)装置を発売する
1991(平成3)年 精密高速めっき装置を発売する
1995(平成7)年 フープめっき装置を発売する
1997(平成9)年 資本金を3,600万円に増資
小型インライン型めっき装置を発売する
部品生産会社イデヤ・パキスタンを設立する
ウエハ用Cuめっき装置を開発する
1999(平成11)年 鉛フリー対応精密高速めっき装置を発売する
各種部品加工業界向けに水系洗浄装置を発売する
2000(平成12)年 手動式小型ウエハ表面処理実験装置を発売する
2001(平成13)年 バリ取り装置を発売する
新型精密高速めっき装置(USS型)を発売する
2002(平成14)年 新型小型循環排水処理装置を発売する
2004(平成16)年 セル生産対応のめっき装置を発売する
2011(平成23)年 部分めっき装置を開発する