イデヤっ子通信

イデヤっ子2018年9月号 ~ニッケルめっきの表面!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発情報  ニッケルめっきの表面 ~
最近はニッケルの光沢めっき、半光沢めっき、梨地など,
その表面状態のご相談を沢山受けます。
そのご要望に対応して弊社のめっき専門技術者が実験を行い、最適なプロセスを提供しております。
右の写真は光沢めっきと半光沢めっきの表面です。
光沢めっきの方は撮影の時のカメラを反射して、
中心部が黒くなっています。
半光沢めっきは添加剤を加えためっき方法ですが、
その他にサテンめっきなど、
いろいろな手法を用いてアプローチしています。
難問解決屋のイデヤはアイディアと実験でそれに迫ります。
難しいことをお待ちしております。


展示会情報~ 関西機械要素技術展に出展します! 
今年も「関西機械要素技術展」に出展します。

  • 日時:2018年10月3日~10月5日 10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
  • 場所:インテックス大阪
  • 本展示会のHP:http://www.mtech-kansai.jp/
    弊社のブース:6号館 Aゾーン 表面処理・改質エリア 小間番号31-36

    出展内容
    (1) チョコっとめっき“ナイセ君”:ちょっとしためっきに最適な内製化ユニットです。
    (2) チルカップ式めっき槽:バレルめっきの革命に! 更なる進化へ!
    (3) 超小型フープめっき装置:板状のフープだけでなく、ワイヤーや電線へと展開は広がっています。

ご都合よろしければ、是非お立ち寄り下さい。
招待券ご希望の方は、遠慮なく、お申し出下さい。

 

旅 行 記
~ ニューヨーク一人旅   弊社 開発部 中西 清  (前編)

前職の定年退職を機に、以前から気になっていたニューヨークを一人旅しました。団体旅行も気楽でいいのですが、公共交通機関が発達した町では現地の生活者の視線でディープに勝手気ままに動き回るのが好きです。ここでは、その一部を紹介させていただきます。
①メトロポリタン美術館でゴッホの自画像を見る
セントラルパークの東側に隣接してメトロポリタン美術館があります。
美術の教科書に必ず出てくるような、ゴッホやマチスの名画に加え、
古代エジプトの遺物や日本の甲冑まで一日あっても全てを見尽くす
ことができない程の展示量でした。なお、美術館の窓口では
「いくら払う余裕があるか??」と必ず聞かれます。
大人の入場料は一応20数ドルというのを聞いていましたが、切りのいいところで「じゃあ、20ドル払います」と答えてしまい、一瞬いやな顔をされました。
これは拙かったと今も後悔しています。
学生や貧しい人達にも平等に美術に接する機会を設けようとの趣旨のようです。
付近はセレブな人達が住む高級住宅街があり、朝、出勤前のスーツ姿の女性が、
車で子供を幼稚園まで送りに来たりするのを見かけました。また、昼間はお手伝いの黒人の女性が白人の乳児をベビーカーに乗せて買い物していたり、夕方には、アルバイトの若者が、複数の犬を散歩させているのも典型的な風景のようです。

 

 

 

関連記事