イデヤっ子通信

イデヤっ子通信2012年4月 セミコンチャイナ結果報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/4  Vol.37

 イデヤにゅーす  ~セミコンチャイナ結果報告~

 3/20から3日間、中国/上海で開催された“セミコン上海”に出展参加しました。
今年はどこのブースでも来場者が少なかったようです。これもヨーロッパの経済情勢の影響でしょうか?
今年もイデヤは、「めっき装置メーカー」であることを前面に出しました。
色々な方と話しをしましたが、今後、ウエハーレベルのパッケージングが中国国内でも加速していきそうな様子でした。

2012-4-2

2012-4-1

イデヤ製作記   オートリールチェンジャー
[特徴]
・フープめっき装置等、リールtoリールの装置に接続、リールの自動交換により、 無人運転時間を延長することができます
・供給側、収納側で使用可能です
・他社製装置への接続が可能です(お打ち合わせが必要です)

2012-4-3

2012-4-4

今月の小話
  ~「なぜ危機に気づけなかったのか -組織を救うリーダーの問題発見力-」  マイクロ・A・ロバルト著

危機を解決するのではなく、危機が訪れる前に隠れた問題を発見するスキル、心構えについての本です。本書によると優れた問題発見者になるために、身に着けるべきスキルがあり、『①情報のフィルターを避ける。②人間学者のように観察する。③パターンを探し、見分ける。④バラバラの点を線でつなぐ。⑤価値のある失敗を推奨する。⑥話し方と聴き方を訓練する。⑦行動を繰り返し、反省のプロになる。』の7つです。各章ごとに具体的な事例、スキルを発揮するための注意点が書かれてますが、特に記憶に残ったのは『行動を繰り返し、反省のプロになる。』です。私もそうですが、成功するとあまり過去を反省しないものです。しかし、結果が成功した場合でも、自身の活動に問題や弱点があったかを書き残し、効率よく繰り返し練習することがエキスパートを生み出すとのことです。
他の章にも医療事故を防ぐ話など、興味深い話があり一読する価値があると思います。
技術部:谷端渉 推薦

関連記事