イデヤっ子通信

イデヤっ子2017年9月号 ~イデヤ製 洗浄ノズル~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

製作記 ~イデヤ製 洗浄ノズル~

弊社は3Dプリンターを活用し、各部品を製作しています。
右の写真は“洗浄ノズル”です。
通常の加工ではかなり難しいノズル形状でも自由自在です。
先日も、とあるお客様より、ノズルの性能が良いことから、ご注文を頂戴しました。
このノズルの洗浄能力を現在、弊社の開発チームが各条件で確認しています。
その結果は、また、本誌で発表いたします。


展示会情報 ~10月の展示会~

先月号でもお伝えした通り、10月 関西機械要素技術展に出展します。
今回は以下の物を準備し、皆様をお待ちしております。
①“コロコロめっき”の実演
円柱のシャフト等に楽々めっきができる“コロコロめっき”です。
小さーい槽ですが、実際に手作業で簡単にめっきを付け、見て頂きます。
②“サンスケ”~3槽カスケード洗浄実験槽
ビーカー実験に最適な小型3槽カスケード実験槽です。
これで薬液処理後の水洗実験を、より実機に近づけることができます。

社内の風景 ~少年野球を通して・・・弊社社員蔭山 その2~

先月に続き、弊社の蔭山に話を聞きました。
編集子が不用意に“少年野球ですから勝つ事や戦略等には、あまりこだわらないですよね?”
と質問したところ、「いえいえ。勝つ事には非常にこだわっています。
ちゃんとスコアラーも居ますし、できる限り敵の情報を収集しています。
その上で、戦略や戦術を考えます。
ただし、少年野球の場合、個人的能力の差はほとんどありません。
ピッチャーも少年という事を配慮して、変化球禁止になっているぐらいですから。
なので、「勝つ力」=「監督、コーチの力」なんです。
いつも、全国大会で常勝するチームがあるのですが、ずっと同じ監督です。
彼は「勝つコツ」を知っているのだと思いますが私にはまだわかりません(笑)。
いずれにしても、敗北の責任は我々指導者にあります。」
最後に、今の少年野球や子供達について改めて聞きました。
「少子化がベースとなり、更に共働き家族が増えていることから、休日をほとんど取られる少年野球は、その人口がどんどん減っています。また、取り組む姿勢や思いもそれぞれで、それらをひとつにまとめるのも大変ですね。野球命みたいな子も居れば、嫌ならすぐに辞めますみないな子も居ますから。
それと、今の子供たちは比較的、弱さを素直に表現しますね。悪く言うと、我慢する事が少ないように思います。
ただ、合宿等で寝食をみんなで共にすると、無邪気な子供同士、すぐに仲良くなり、意気投合するあたりは、今も昔も同じです。
親御さんからのクレーム??? たまにありますよ(笑)」
上記赤字が頭に響きますね!

 

 

 

 

関連記事