イデヤっ子通信

イデヤっ子通信2015年6月号 チルカップ式めっき装置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/6  Vol.:76

製 造 記

先月号のイデヤっ子でお知らせしていました、展示会での実機展示装置のご紹介をさせて頂きます。

~チルカップ式めっき装置~
特長 ①メディアレス
②アノード&ワーク間に遮蔽物がない為、めっき効率が良い

槽寸法と容量
カップ:125×125×100 約1.2リットル
サブタンク:230×230×100 約5リットル

2015-6-1

2015-6-2

展示会情報

第19回 機械要素技術展に続き、第28回 インターフェックス ジャパンへも出展致します。ぜひお立ち寄りください。
●日時:2015年7月1日(水)~7月3日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
●場所:東京ビックサイト
●出展エリア:設備保全・補修ゾーン 2-35
●出展内容:①チルカップ式めっき槽(実機展示予定)                                                         ②ユニット式連続型めっき装置(実機展示予定)
③小型フープめっき装置
●展示会HP:http://www.interphex.jp/

今月のつぶやき
5月の第2日曜日は「母の日」、6月の第3日曜日は「父の日」です。
日頃はなかなか伝えられない感謝の気持ちを伝える良いチャンス。皆様は何か贈り物をしていますか?
「母の日」に贈るものの定番と言えばカーネーションですよね。日本では赤いカーネーションを贈りますが、アメリカでは赤と白の両方が使い分けられていました。母が存命する者は赤い花を、母を亡くした者は白い花を自分の胸につけるようになり、やがて母へ花を贈るようになりました。
日本では戦後、「全国未亡人団体協議会」が中心となり、母がいるかいないかで色分けすることで傷つく子供心を配慮して赤一色に統一されました。
一方、「母の日」に比べて影の薄い「父の日」ですが、こちらも決まった色・物があるのです。「FDC日本ファーザーズ・デイ委員会」では、黄色いリボンを贈ろうと言う活動をしています。
古来よりイギリスでは黄色は身を守る色と言われ、アメリカでは愛する人の無事を願う黄色いリボンとして定着しました。ご存知でしたか?
今年の母の日は過ぎてしまいまいしたが、父の日はもう目前。今年は黄色いリボンでラッピングをして贈り物をしてみてはいかがでしょうか。
ちなみに我が家の母の日は、家族全員での食事会。さて父の日は・・・

 

 

 

 

 

関連記事